禁煙外来について

前々回での「禁煙パッチ」の際医師の処方が必要と有りましたが、これは病院へ行って受診をするということですね。

そのことについて調べてみます。

一人で根性を頼りに禁煙するのではなく、病院へ行って禁煙外来という専門の医師によりサポートを受けるシステムです。

禁煙外来を受診するにはまず近くの病院にその科目があるかどうか調べなくてはいけません。

病院にいくと10項目に及ぶアンケートに答えるそうです。
そこで、治療法の説明の他ニコチン依存度、喫煙の状況、禁煙の関心度などがチェックされるそうです。

また呼気中の一酸化炭素濃度の測定もあり、禁煙宣言書へサインをさせられるそうです。
そこで禁煙補助薬の処方を受けるという流れになっています。

通常は12週間で5回の受診システムになっていて禁煙外来の患者に合わせて医師が身体、精神的にサポートし無理なく禁煙できるように導いてくれるそうです。

また、保険適用の病院もあるとの事ですので、一度調べてみるとよいと思います。


禁煙宣言書にサインするんですね。

そうですよね、禁煙を絶対するぞ!という意気込み、決意が必要ですよね。






栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

【禁煙】日本製の禁煙グッズ/タバコを吸いながら禁煙できる禁煙グッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。