禁煙と肺との関係

喫煙と肺との関係は切っても切れません。

呼吸器に関する病気のおもなものは、結核やインフルエンザ、かぜや肺気腫などが一般的に言われています。

結核では結核菌と名のつく細菌が感染してその結果伝染性の病気を引き起こすことになるといわれているようです。

感染箇所としては肺の部分と胸膜が多いといわれますが、その他の体の部分に感染が起こる場合もあるようです。

結核では、一度菌が肺の中に入ることで増殖が行われて炎症が起こり、好球菌などやマクロファージはそれらの菌から体を守るために戦います。

この際に体の調子がよく免疫機能が落ちていない場合にはこれ等の結核菌は暴れださず休眠状態を取りますが、しかし、疲れて体の調子が悪い時など免疫の機能が落ちている場合には結核菌が血液などに入り込んでその他の臓器に感染し悪さをしてゆくことになります。

風邪やインフルエンザにかかるときも同じですね。
疲れがたまった時などからだの抵抗力がなくなったときに菌にやられますね。

かぜやインフルエンザでは数百種類に及ぶウイルスやかぜではライノウイルスと呼ばれるものが病気を引き起こすとされています。

タバコを巣と言う事は体を弱めているということに等しいわけです。

タバコを吸うことによっては肺や気管支の近辺の機能が落ちてくることになりますので、上記の病気にもかかる率は高くなるといえます。


 少しの我慢をすることによってタバコを止めることで体調はよくなりますし、せきや痰なども出なくなり食べるものがおいしく感じられるようになります。

禁煙に成功するということで自分自身に対する評価を高くできるようにもなりますので人生が楽しく感じられることでしょう。

また、病気への抵抗力が元に戻ることで色々な疾患にかかりにくくなってきますし、周りの人たちへの受動喫煙の害などを減らすことにもなります。

タバコはストレス解消に使われることも多いようですが、様々な弊害があるのも事実なのです。






栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

【禁煙】日本製の禁煙グッズ/タバコを吸いながら禁煙できる禁煙グッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。