妊娠と禁煙について

妊娠と禁煙について

禁煙が叫ばれています、喫煙者の私も肩身が狭い気持ちです。

そんな世間の風潮とは別に女性の喫煙率はあまり減っていないようです。

女性と妊娠、切っても切れない関係です。

妊娠と喫煙について調べてみましょう。

製薬会社のファイザーの行ったアンケートでは、喫煙をする母親の半分もの人たちが、妊娠中にもタバコを止められなかったという結果が出ているようです。

これ等の調査では、未就学児をもつ男女300人ずつの喫煙者を対象として行われたものですがほとんどの人たちが、子供たちへの受動喫煙の影響があったという認識があったようで、それでもお母さんのうちで妊娠中に禁煙を行っていたという人は137人にとどまっていたようです。

其の中では妊娠中にタバコの本数を減らすことにとどまっていた人や完全にタバコを通常通り吸っていた人とあわせて136人もの人たちがタバコを吸ったという結果が出ています。

 この調査では、子供とレストランなどに出かけた際に禁煙席に座るという答えを出した父親の数は約44%の131人であるのに対し、母親の割合では39%の116人となっており、家などで母親がタバコを吸う家庭では自宅や車の中などで禁煙や分煙等を行う率が低くなる傾向にあることがわかっているようです。

 ファイザーのコメントとしては、お母さんがタバコを吸う家庭ではお父さんも喫煙するという家が多いようで、受動喫煙への危機感が薄いということです。

喫煙の害としてはタバコを吸っていると不妊になる確率が大きくなると同時に、卵子の老化や閉経を早くしてしまうという影響もあるようです。

夫が喫煙する場合も受精にいたる確率は低くなる傾向にあり、精子の染色体に異常がでたり、精子自体の数が減ったり運動性が悪くなるなど子供を作るに当たっての障害が出てくるもののようです。







栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

【禁煙】日本製の禁煙グッズ/タバコを吸いながら禁煙できる禁煙グッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。