妊娠中の禁煙の必要性

妊娠中の禁煙の必要性

タバコを私自身止めるためにいろいろ調べていますが、妊娠した人、妊娠する可能性のある女性は私と同じくタバコを止めたほうがよいみたいですね。

喫煙による妊娠への影響は様々あるようです。

妊娠中の喫煙が原因となって起きる病気としては胎児の出生時における低体重があります。

お母さんが妊娠中にタバコを吸う量が多いほど赤ちゃんの体重は少なくなって生まれてくる傾向にあるようです。

この妊娠中の喫煙者の生んだ胎児と健康な胎児とを比べてみると、喫煙による低体重児は健康でうまれた胎児に比べて250グラムは少ないのだという話もあります。

また、未熟児を生んでしまうという危険度も喫煙していない母親から比べると2〜3倍にも増えます。

喫煙は子供の知能の発達や体の発育にも影響してくるようです。

これ等の原因としては、母親が妊娠中にタバコを吸うことで血管が細くなり、其の分十分な酸素や栄養が胎児に行き渡らないためであるとされています。

 このほか妊娠中に起こる可能性のある病気としてはタバコの量によっては流産の可能性も出てくるようですし、早産などの起こる率にも影響を与えるという結果などもあるようです。

そのほか出産のときに胎児の娩出よりさきに胎盤がでてきてしまうという常位胎盤早期剥離などが喫煙による母体の血流の弱体化が原因となっておこる確率がおおきくなり、この常位胎盤早期剥離によって胎児は仮死状態になったり時には死亡して生まれることなどもあります。

この病気の喫煙者による確率はタバコを吸わない人に比べて高い数値を出していることがあるようです。

 タバコを吸わない母親の場合でも、受動喫煙といってそばにタバコを吸う人がいたりすることでタバコの煙を吸ってしまうという結果になることもあります。

また、妊娠中でなくてもタバコは子宮がんなどの影響もありますので女性の体には良いものとはいえないようです。







栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

【禁煙】日本製の禁煙グッズ/タバコを吸いながら禁煙できる禁煙グッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。