妊娠中の禁煙の必要性

妊娠中の禁煙の必要性

タバコを私自身止めるためにいろいろ調べていますが、妊娠した人、妊娠する可能性のある女性は私と同じくタバコを止めたほうがよいみたいですね。

喫煙による妊娠への影響は様々あるようです。

妊娠中の喫煙が原因となって起きる病気としては胎児の出生時における低体重があります。

お母さんが妊娠中にタバコを吸う量が多いほど赤ちゃんの体重は少なくなって生まれてくる傾向にあるようです。

この妊娠中の喫煙者の生んだ胎児と健康な胎児とを比べてみると、喫煙による低体重児は健康でうまれた胎児に比べて250グラムは少ないのだという話もあります。

また、未熟児を生んでしまうという危険度も喫煙していない母親から比べると2〜3倍にも増えます。

喫煙は子供の知能の発達や体の発育にも影響してくるようです。

これ等の原因としては、母親が妊娠中にタバコを吸うことで血管が細くなり、其の分十分な酸素や栄養が胎児に行き渡らないためであるとされています。

 このほか妊娠中に起こる可能性のある病気としてはタバコの量によっては流産の可能性も出てくるようですし、早産などの起こる率にも影響を与えるという結果などもあるようです。

そのほか出産のときに胎児の娩出よりさきに胎盤がでてきてしまうという常位胎盤早期剥離などが喫煙による母体の血流の弱体化が原因となっておこる確率がおおきくなり、この常位胎盤早期剥離によって胎児は仮死状態になったり時には死亡して生まれることなどもあります。

この病気の喫煙者による確率はタバコを吸わない人に比べて高い数値を出していることがあるようです。

 タバコを吸わない母親の場合でも、受動喫煙といってそばにタバコを吸う人がいたりすることでタバコの煙を吸ってしまうという結果になることもあります。

また、妊娠中でなくてもタバコは子宮がんなどの影響もありますので女性の体には良いものとはいえないようです。

禁煙禁断症状

禁煙の際に生じる禁断症状は、主に禁煙をしてから2〜3日後に強く感じられるということが多いようです。

タバコを良く吸う人などは体内でのニコチンの代謝速度が速いため、体からのニコチンの消失がはやく禁断症状としては早く現れるもののようです。

そうは言ってもこの場合も苦しいのは数日の間であるといえます。

この数日が長く感じるんですが。

禁煙の際には果物などの水分を大目にとるようにして、どうしようもないときは寝てしまうのが良いでしょう。

シャワーなど体をスッキリさせる工夫も行うとよいですし、禁煙を始めてから5日目を過ぎるころになれば体も楽になってくるようです。

 禁煙中には様々な症状が出てくるようで、禁煙をすることによっては目がかすむとか、頭がボーっとするなどという不快感を感じることも多いようです。

時にはどうしてもタバコを吸いたい!という気持ちがわいて出ることもあるでしょうが、負けずにがんばりたいものです。

5日目を過ぎるころに、禁煙を行ううえでの自信のようなものも出てくるようになり、タバコを吸わない状態を楽しめるようにもなるもののようです。

ここまできてもまだまだ難関は待ち受けてはいるでしょうが、少ずつ以前の健康を取り戻してゆきたいものです。

 禁煙することで得られるメリットにもたくさんあるようですが、ひとつは朝食など食事をおいしく食べられることだといいます。

また、体に活力などを感じることもあるようです。

禁煙を行って変化が生じるというところでは禁煙を行った人のなかには、夜によく目が覚める、などといったこともあるようです。

こうしたことも体が正常に戻りつつあるということでもありますので長い目で見てゆくとよいでしょう。







栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

【禁煙】日本製の禁煙グッズ/タバコを吸いながら禁煙できる禁煙グッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。